刀にまつわる用語

日本の言葉の中には、日本刀にまつわる用語が発生して、一般的な言葉の中へと入ってきた言葉もあり、付け焼刃という言葉や、そりが合わない、などという言葉などはマイナスイメージを持つ人が多いかもしれませんが、これも刀を作る過程で生まれている失敗を表す言葉の一つであるという風に言えるかもしれません。切れ味がいい、折り紙つき、単刀直入、などのようなポジティブなイメージを持つ浴語なども、実は伝統的な日本の刀の製法を通して広がっていったという風に言われているわけで、このようなことを知らない人も多いかもしれませんが、はるか昔では、それだけ日本刀が文明社会に影響を及ぼしていたという風に言えなくもないわけです。なにはともあれ、日本刀が深く地域社会や市民社会の中に根付いており、それをいたずらに振り回すのではなく、武士の誇りとして持ち歩いていたという点も、覚えておかなければいけないことである、という風に言えるのではないかと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *