模造刀の販売

模造刀を販売している、あるお店の話では、「初心者が持つべき刀として、重要な点としては、とにかく、振り回しても、周りに危害を加えるおそれのないものを、お勧めしているということで、販売をさせてもらっています」という声が聞かれる一方で、「骨董的価値を求めて、真剣を買いに来る人も、いるわけですが、そのような人が、伝統的な日本刀を、しっかりと、保管してもらえるかどうかは、やや不安なものです」という不安な声も聞かれるなど、現代の日本刀を取り巻く状況は、非常に、様々で、複雑であるということは、確かに言えるのかもしれません。現代では、日本刀を用いた稽古などが頻繁に行われていることが、テレビや、インターネットのバラエティやメディアなどでも取り上げられることが、多くなってきたように感じます。このような、レクリエーションなどを開いている人の話によれば、「けいこの段階で、大きな怪我をしてしまえば、それは、大きなニュースとなってしまい、日本刀や、模造刀を用いた武士道の教えにも反してしまう他、レクリエーションや稽古などをしようという人が大きく減ってしまう、という事態にも、繋がりかねないということが、指摘されており、現在では、そようなニュースが、インターネットの掲示板などを通じて、瞬く間に広がってしまうという、恐れもあるため、注意が必要であるわけです」というように、世論に敏感になった人も多いようで、決して簡単な状況ではない、ということは確かなのかもしれません。 現代では、日本刀を用いた、鍛錬が、簡単に行うということが、非常に、難しくなってきており、法律で縛られた範囲の中で、行うということが求められるわけですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *