サムライ魂を現代にも活かすために

日本にはかつて、武士が存在しており、これは世界中で考えても類を見ないほどの心技体を備えていました。それは「見事で、美しい」とされていました。彼らは心、身体共に鍛え上げ、立派な日本サムライとして活躍していました。現代日本には無い文化で、現代人にとっては普段の生活からはとても考えられない過酷な努力でしょう。武士の心意気を持っている日本人も極少数でしょう。しかし、世界中から日本の誇りとして讃えられる武士魂をこれからの日本において途絶えさせるのはとてももったいないことであると考えられます。武士の考えが根付いて日本人は勤勉であると言われるような人種であると考えられますし、きめ細やかな繊細考え方ができるのも日本人の良いところだと考えられるので、これから先も武士の心技体は継承されていくべきだと思います。現代において実際にその武士たちの心技体を学び身につけることができます。それが、居合道という武道です。この居合道を通して自分磨きをし、現代人としての生き方に生かしていくことができるのです。そのように現代に武士の心得を生かして生きている人こそが、現代の「サムライ」といえるでしょう。現代社会は、不安やストレス、様々な不安定な問題が混在しており、日本人としての在り方等忘れかけている点も多々見受けられます。このような混迷している現代社会において、そのようなサムライ魂をもった日本人こそが、求められている人間性であると言えるでしょう。そのため、武士について多くの人に気軽に知ってもらいもっと親近感や、現代に必要な在り方であることを理解し、興味を持ってもらう必要があるでしょう。改めて学んでいきたい、日本人の精神や、大切なものを守るための瞬間的な判断力、現代にておこる様々な困難を乗り越えるための大切な土台となる身体作りについて考えていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *